ご来院の方へ:診療科のご案内

看護局

看護部長あいさつ

 看護局が目指しているのは、常に患者に寄り添い、個別性を尊重した患者中心の看護を提供すること、専門職として責任ある行動をとることです。そのために私たちは患者に優しくあること、提供する看護に根拠をもつこと、倫理観や判断力を養うことと考え、教育に力をいれています。

 卒後研修はもとより、卒後研修修了者を対象に、当院独自に作成したプログラムでリーダーシップ研修を開催し、マネジメント力の向上に努めています。この他、認定看護師や各委員会主催の研修会および外部の研修参加など自分の身につけたい知識・技術を学ぶ場を提供しています。

 高齢化が進む中、院内にとどまらず在宅医療を見据えた連携や退院支援に益々力をいれていかなければと考えています。そのために看護師が患者さん一人ひとりの状況や意向を踏まえ、退院後の生活をイメージして関われるよう指導・教育し、地域との看看連携の機会も深めて参りたいと思います。

市立芦屋病院 看護部長 木戸 泰子